創企堂が実施する事業コーディネートは商品開発と同様「ブレインズ・マッチング」のコンセプトに基づいてこれまで出会う事が少なかったステイクホルダー同士の組合せで、新しい価値の提案や差別化を行い事業化のエンジンとして機能するように働きを行ってまいります。
平成24年度鹿児島市商品開発デザイナー育成支援事業として鹿児島市から受託して運営しています。かごしまデザインキャンプは、企業・商品・サービスの魅力を消費者にどう伝えるのかを、企業とデザイナーが一緒に考えるためのオープンな<場>です。商品開発の早い段階からデザイナーが関与する事によって「ビジネスに効くデザイン」を目指します。11月から来年2月まで3回のセミナーを予定しています。

かごしまデザインキャンプhttp://sokido.jp/pdf/design-camp.pdf
種子島を舞台にした「Robotics Notes」(科学アドベンチャーシリーズ第3弾として2012年6月ゲーム発売、10月よりCX系列でアニメ番組化)の鹿児島における若者誘客および地域資源とのライセンス商品開発をサポートしています。秋葉原での同シリーズ作品のファンイベントへの「鹿児島県・種子島観光協会」ブース出展のコーディネートを行いました。

「Robotics Notes」http://roboticsnotes.jp
鹿児島市新産業創出研究会に参加「環境負荷軽減“見える化”ビジネス創出事業」に取り組んでいます。具体的にはフラクタル日除けで鹿児島県初のグッドデザイン賞を受賞したロスフィー様とパッシブ省エネ推進協議会を設立し、複数の事業者との連合で環境負荷を軽減でき、コスト削減、省エネ効果、CSR的にもコミュニケーション効果の高いシステム提案モデルの構築を目指しています。

ロスフィーhttp://www.losfee.jp
平成23年度鹿児島県事業「かごしまものづくり郷中塾」で生まれたプロジェクト。当時事務局を担当してアイデアを出したユニバーサルデザイン総合研究所赤池学氏を招聘した流れから創企堂代表が異業種11社が参加する実行委員の一人としてお手伝いしています。鰹節を始めとして出汁の素材や料理の多い鹿児島のPRテーマとして育成していく事業です。

ホームページ
http://dashi-project.jp/
facebookページ
http://www.facebook.com/dashikagoshima